前立腺がんの再発・転移した場合の治療法

前立腺がんの再発・転移した場合の治療法 - 前立腺癌の治療法

前立腺がんの再発・転移した場合の治療法

前立腺がんのガイド

前立腺がん再発・転移した場合の治療法についてご解説!

 前立腺がんは、他のがんよりも生存率は高いものの、治療後に再発するリスクはあります。またPSA検査の普及で少なくなってはいますが、遠隔転移した状態で見つかる人もまだ少なくありません。

そのような場合は、状態に応じて主にホルモン療法が行われます。

前立腺がんが再発した場合の治療法

前立腺がんの再発・転移 手術や放射線などで前立腺がんの根治治療を受けても、再発するリスクは常にあるため油断はできません。

医師の指示にしたがい、PSA検査などを定期的に受ける必要があります。

前立腺がんの場合、画像検査などで再発を発見しなくても、PSAの数値が連続して上昇すれば「PSA再発」といって再発扱いになります。

またPSAの値が低い状態で前立腺がんが再発することは稀ですので、まずはPSA再発をきっかけに経過を観察し、必要に応じて追加の治療をしていくことが一般的です。

治療が必要になった場合、前立腺を摘出している場合はホルモン療法と放射線療法がメインとなります。一方、放射線療法を受けた後に再発した場合は、前立腺の摘出手術が検討されます。

ちなみに前立腺がんでは、ホルモン療法でがんの進行を抑えている途中で、薬の効果が薄れてがんが増殖し始める「再燃」という現象も起こります。

この場合は延命治療として、抗がん剤による化学療法が行われることもあります。

前立腺がんが遠隔転移した時の治療法

 PSA検査さえ定期的に受けていれば、前立腺がんが遠隔転移した状態で見つかることはまずありません。ですから遠隔転移にまで至るのは、症状が出てから初めて受診したようなケースがほとんどです。

ただし転移していても前立腺がんの性質は持っているため、ホルモン療法によって進行を抑えることができます。逆にいうと遠隔転移が見られる場合は、基本的にホルモン療法しか有効な治療法はないといえます。

また前立腺がんは骨転移しやすいため、骨の痛みや足のしびれなどがよく起こります。このような場合は放射線治療で症状を緩和させたり、骨転移の進行を抑える「ビスホスホネート」という薬が使われたりします。

前立腺がんのがん保険の必要性

前立腺がんは男性特有のがんですが、患者数は増加の一途を辿っており、近々1位の肺がんを超えるのではないかと言われています。

前立腺がんは重粒子線治療などの先進医療の適用がありますので、高額な治療費を貯金で準備できていない方は一度がん保険を検討する必要性が高いがんです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

同カテゴリ内ページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ