前立腺がんの放射線療法

前立腺がんの放射線療法 - 前立腺癌の治療法

前立腺がんの放射線療法

前立腺がんのガイド

前立腺がん放射線療法についてご解説!

 あらゆるがんの補助療法として活用されている放射線療法ですが、前立腺がんの場合は根治も期待できる治療法の1つです。また骨転移による痛みの緩和などにも用いられています。

早期の前立腺がんなら、放射線で根治できる場合も

前立腺がんの放射線療法 放射線療法は、病巣に向けて放射線を当てることでがん細胞のDNAを壊し、がんが細胞分裂できなくさせる治療法です。

また技術も年々進歩しており、がん細胞をより効果的に狙い撃ちできるようになってきました。

ただし放射線は体の外から照射するため、病巣に行き着く前の正常な細胞にもダメージを与えてしまう点がデメリットです。しかし前立腺はもともと放射線の影響を受けにくく、他のがんよりも量を増やして照射することができます。

ただし近くにある直腸は放射線によってダメージを受けやすいため、注意が必要です。

特にがんが前立腺内にとどまっている段階であれば、放射線の治療効果は前立腺全摘手術と変わらないともいわれています。特に手術の負担が大きい高齢者には安全な治療法です。

他には外科手術の補助として使われることもあるほか、ホルモン療法が効かなくなった場合、また骨転移などによる痛みのある場合にも用いられます。

さらに、前立腺の中に弱い放射線を出すカプセルを埋める「内照射」という方法もあります。内側から放射線を放出できますので、病巣にダイレクトに働きかけることが可能です。

外側からの「外照射」と併用することで、より効果が高まるとされています。

ただし放射線の副作用として、一時的に勃起障害や排尿障害が起こる場合があります。また直腸出血などの重篤な副作用もまれに見られるため、よりピンポイントで前立腺に照射する技術の確立が望まれます。

より的確に前立腺がんを狙い撃ちできる「粒子線治療」

 X線よりもピンポイントで病巣に照射できる放射線療法に「粒子線治療」があります。陽子線や重粒子線などを使った方法で、体内のどの部位でもっとも線量を高くするかを自由に設定できます。

そのため正常な細胞に与えるダメージが少なく、患部に多くのエネルギーを集中できるのです。

前立腺がんは粒子線治療に向いたがんですので、遠隔転移のない段階であれば多くのケースで受けることができます。ただし基本的に未治療の前立腺がんに限られます。

効果的な治療法として注目されていますが、まだ先進医療の扱いのため、治療費が300万近くと高額な点がネックです。

前立腺がんのがん保険の必要性

前立腺がんは男性特有のがんですが、患者数は増加の一途を辿っており、近々1位の肺がんを超えるのではないかと言われています。

前立腺がんは重粒子線治療などの先進医療の適用がありますので、高額な治療費を貯金で準備できていない方は一度がん保険を検討する必要性が高いがんです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

同カテゴリ内ページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ