前立腺がんのホルモン療法

前立腺がんのホルモン療法 - 前立腺癌の治療法

前立腺がんのホルモン療法

前立腺がんのガイド

前立腺がんホルモン療法についてご解説!

 前立腺がんの治療法に「ホルモン療法(内分泌療法)」があります。前立腺がんは男性ホルモンに刺激を受けて増殖するため、男性ホルモンの分泌や働きをブロックすることで進行を抑える治療法です。

前立腺がんのホルモン療法〜精巣除去手術

前立腺がんのホルモン療法 前立腺がんのホルモン療法は、あらゆるステージの患者さんに広く行われています。

転移があって手術が難しい場合や、体に負担のかかる治療を受けられない高齢者などにも実施されている治療法です。

効果も高く、およそ9割の人ががんの進行を抑制できるといわれています。

いくつかの方法がありますが、外科的なものとしては「精巣除去手術」があります。男性ホルモンは主に精巣(睾丸)から分泌されますので、精巣を摘出することで男性ホルモンの分泌をストップさせることができます。

手術も短時間で済むのですが、最近では同等の効果を得られるホルモン剤があるため、この方法を選択するケースは少なくなっています。

前立腺がんのホルモン療法〜薬物治療

 薬を使ったホルモン治療には、たとえば「抗男性ホルモン薬」があります。男性ホルモンの受容体にくっつくことで、がん細胞との結合をブロックする薬です。

また「女性ホルモン薬」を使った治療法もあります。ただし女性化乳房などの副作用があるため、基本的に短期間の使用となります。

中でももっとも広く活用されているのは「LH−RHアナログ療法」です。通常、男性の体では脳下垂から「LH−RH(黄体化ホルモン放出ホルモン)」が分泌され、これが司令となって男性ホルモンが分泌されます。

「LH−RHアナログ療法」では、LH−RHに似た薬を注射することで、一時的に男性ホルモンの分泌量を増やします。しかし数日後には逆にLH−RHが脳内で枯れた状態になるため、男性ホルモンの分泌も減り、がんの進行が抑えられるのです。

他にもLH−RHアナログと抗男性ホルモン薬を併用することで、さらに効果を狙う「MAB療法」などもあります。

ただし副作用として、女性の更年期障害に似たのぼせやほてり、発汗などが見られることがあります。また男性ホルモンが不足すると、骨粗しょう症や勃起不全などが起こることも少なくありません。

さらに問題なのは、体が薬に抵抗性を持ち、やがて効き目が薄れてしまう場合があることです。そのため定期的に治療を休止する期間を設けるなどの工夫が行われています。

同カテゴリ内ページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ