前立腺がんの治療ガイドライン

前立腺がんの治療ガイドライン - 前立腺癌の治療法

前立腺がんの治療ガイドライン

前立腺がんのガイド

前立腺がん治療ガイドラインについてご解説!

前立腺がんの治療ガイドライン 前立腺がんの治療ガイドラインとしては、日本では主に「日本泌尿器科学会」が刊行しているものが参照されています。

現在のところ2012年度版がもっとも新しく改訂されたもので、前立腺がんの診断や治療法、よくある質問などが専門家の手によってまとめられています。

治療ガイドラインによる、前立腺がんの診断方法

 治療ガイドラインは、現時点でもっとも確実とされる検査方法や、有効とされる治療法などがコンパクトにまとめられた資料です。

国内外から集めた膨大な臨床データから、専門家が有益な情報だけをピックアップして作製しています。

前立腺がんの治療ガイドラインでは、たとえば「診療アルゴリズム」という分かりやすい表が掲載されています。前立腺がんの診断をつけるために、どんな検査をどんな順序で受けるべきかを示したものです。

ガイドラインによれば、50歳以上の男性を対象にまずはPSA検査を、それで高値だった場合はPSAの再検査や直腸診、画像検査などでより詳しく調べるという流れになっています。

その結果、前立腺がんの疑いが否定できない場合は針生検を行い、診断をつけます。

治療ガイドラインによる、前立腺がんの治療方法

 前立腺がんの「治療アルゴリズム」では、前立腺がんと診断された場合の治療の流れについて、分かりやすく説明されています。

まず行われるのは「病期診断」です。がんが前立腺内にとどまっているのか、外へ浸潤しているのか、また悪性度はどの程度なのかを調べ、ステージを判断します。

前立腺内にとどまっている「限局性がん」の場合は、手術療法か放射線療法が基本となります。またリスクが中程度以上の場合は、補助的にホルモン療法を行うよう推奨されています。

ただし低リスクの場合、特に治療を行わず経過を観察する「待機療法」も選択肢の1つとなっています。

一方、精嚢や膀胱など近くの組織に浸潤している「局所進行がん」の場合は、手術ができる場合は手術を、そうでない場合は放射線療法かホルモン療法が推奨されています。

しかし既に遠隔転移している場合、有効な治療法はホルモン療法のみです。

ただし患者さん一人ひとりの年齢や希望によっても治療法は異なりますので、ガイドラインを参照した上で、もっとも適切な治療法を医師と相談することになります。

前立腺がんのがん保険の必要性

前立腺がんは男性特有のがんですが、患者数は増加の一途を辿っており、近々1位の肺がんを超えるのではないかと言われています。

前立腺がんは重粒子線治療などの先進医療の適用がありますので、高額な治療費を貯金で準備できていない方は一度がん保険を検討する必要性が高いがんです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

同カテゴリ内ページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ