前立腺がんの予防法

前立腺がんの予防法 - 前立腺癌の治療後

前立腺がんの予防法

前立腺がんのガイド

前立腺がん予防法についてご解説!

前立腺がんの予防法 前立腺がんの予防法には諸説ありますが、特に注目されているのは「食生活の改善」です。

もともと欧米に多く、日本では少なかったがんなだけに、大豆製品などを含む食事が予防効果を発揮するのではないかと考えられています。

前立腺がんを予防する食生活とは?

 前立腺がんは、もともと欧米に多いことから、動物性脂肪や乳製品を多く摂取する欧米型の食生活がリスクファクターとされています。実際、これらとの因果関係を示す研究結果も多数出ているほどです。

ですから予防のためには、なるべく動物性脂肪や乳製品を控えることが有効だといえます。

一方、野菜や大豆、魚、飲み物では緑茶とコーヒーに、前立腺がんのリスクを低下させるという研究報告もあります。

特にコーヒーは近年、あらゆるがんの発症リスクを下げる可能性がある飲み物として注目されており、前立腺がんにおいても一定の関連が認められているようです。

また大豆は良質なタンパク質を得られるほか、「大豆イソフラボン」という成分が女性ホルモンに似た作用を持つ点も重要です。

前立腺がんは男性ホルモンによって増殖するため、イソフラボンの血中濃度が高ければ高いほど、前立腺がんを予防するのに役立つのではないかと考えられています。

とはいえ、どんな食品が前立腺がんのリスクを低下させるかについては、まだ確実な関連性は確認されていません。

それでも、少なくとも野菜や大豆製品が豊富な和食を中心としたほうが、前立腺がんを予防できる可能性は高そうだといえます。

年に1度のPSA検査が、進行前立腺がんを予防する!

 他には、あらゆるがんの誘発因子となる喫煙も、もちろんやめるに越したことはありません。さらにアメリカの研究では、適度な運動を行っている男性のほうが、前立腺がんにかかる確率が低いと報告しています。

つまり総合的に考えると、すべてのがんや生活習慣病の予防に役立つとされる生活習慣が、前立腺がんの予防にもつながるといえるでしょう。

また予防法ではありませんが、50歳を過ぎたら年に1度のPSA検査を受けることが、結果的に前立腺がんの早期発見に大きく役立ちます。

前立腺がんは、早期発見さえできれば人によっては治療を必要としないこともあるため(待機療法)、進行前立腺がんのもっとも確実な予防法だといえそうです。

同カテゴリ内ページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ