前立腺がんの症状

前立腺がんの症状 - 前立腺癌の症状

前立腺がんの症状

前立腺がんのガイド

前立腺がん症状についてご解説!

 前立腺がんの症状としては、排尿障害が代表的ですが、初期にはほとんど自覚できません。症状に気づくようになった頃には既に進行していますので、早期発見のためには検査を受けることが大切です。

前立腺がんの排尿障害は、進行してから現れる

前立腺がんの排尿障害 前立腺がんの大部分は、尿道から離れた「外腺」という場所に発生します。

これが尿道に近い「内腺」であれば、比較的すぐに尿道を圧迫するため症状が出やすいのですが、前立腺がんの場合は残念ながらそうではありません。

つまり腫瘍がある程度大きくなり、尿道を圧迫するようになって初めて排尿障害が出てくるようになります。

前立腺がんの排尿障害にはさまざまなものがありますが、例えば夜中に何度もトイレに立ってしまう「夜間頻尿」や、尿が細くなってタラタラと垂れ落ちる「尿線細小」、排尿に時間がかかる「排尿遅延」、すっきりと尿が出きらない「残尿感」などが代表的です。

さらに腫瘍が大きくなると、ついに尿がまったく出せなくなる「尿閉」という症状に至ることもあります。また人によっては尿や精液に血液が混じる症状も見られます。

症状に頼るのは危険!前立腺がんの早期発見は「検診」から

  前立腺がんは比較的進行がゆっくりではありますが、他のがんよりも早期から骨転移しやすいというデメリットがあります。

特に骨盤や腰椎、大腿骨に転移しやすいため、背中や腰の痛みなどで「おかしい」と気づく人も多いようです。

また病期が進行すると、周辺のリンパ節に転移することもあります。この場合はリンパ液の流れが悪くなることで、下半身にむくみが出てきます。

さらに血液やリンパに乗って遠隔転移すると、肝臓や肺にがん細胞が運ばれていきます。肝臓はかなり腫瘍が大きくなるまで無症状のことが多いのですが、肺の場合は息切れしやすくなります。

遠隔転移してしまうと病期としては最終段階になってしまいますので、ここに至る前に早く発見することが大切です!

特に前立腺がんは前立腺肥大症と間違えられやすいほか、高齢層に多いために排尿障害があっても「年齢のせい」にされがちだという問題があります。

50歳を過ぎたら年に1度の血液検査(PSA検査)を受け、早期発見に努めましょう!

前立腺がんのがん保険の必要性

前立腺がんは男性特有のがんですが、患者数は増加の一途を辿っており、近々1位の肺がんを超えるのではないかと言われています。

前立腺がんは重粒子線治療などの先進医療の適用がありますので、高額な治療費を貯金で準備できていない方は一度がん保険を検討する必要性が高いがんです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

同カテゴリ内ページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ