前立腺がんの頻尿・排尿困難・残尿感

前立腺がんの頻尿・排尿困難・残尿感 - 前立腺癌の症状

前立腺がんの頻尿・排尿困難・残尿感

前立腺がんのガイド

前立腺がん頻尿・排尿困難・残尿感についてご解説!

 前立腺がんの代表的な症状に、排尿障害があります。頻尿や排尿困難、残尿感などで、いずれも腫瘍によって尿道が圧迫されることが原因です。

前立腺がんによる排尿障害とは?

前立腺がんの排尿障害 前立腺のちょうど中心部分には、膀胱から続く尿道が通っています。

しかし前立腺がんは、尿道から離れた外腺というところに発生するため、腫瘍がある程度、大きくならなければ尿道に影響が出ません。

ただし前立腺がんに加えて前立腺肥大症を合併している場合は、早くから排尿障害を自覚できることがあります。肥大症は、尿道に近い内腺から発生するため、早い段階で尿道を圧迫するのです。

排尿障害の中でも、もっとも代表的なものが「頻尿」です。何度もトイレに立つ症状で、夜間に何度も目を覚ましてしまうほど深刻なケースもたくさんあります。

通常、膀胱が満杯になると自動的に尿意をもよおして排尿するのですが、尿道が圧迫されていると1度に排尿できる量が少なくなってしまいます。

その結果、膀胱が常に満タン状態となり、何度もトイレに立つことになるのです。

ですから排尿がスムーズにいかない「排尿困難」や、スッキリ出きった感じがしない「残尿感」も同時に感じる患者さんが多く見られます。

前立腺がんの可能性も考え、泌尿器科の受診を

 しかしこういった排尿障害は、加齢とともに多かれ少なかれ誰にでも起こるようになる症状でもあります。そのためあまり重大に受け止めず、よほど重症化しないと受診しない男性も多いものです。

ですが実際は前立腺肥大症や前立腺がんにかかっている可能性もありますので、気になる症状のある人はぜひ一度、受診するようにしましょう!

前立腺がんだった場合、がんの治療によって排尿障害も緩和します。例えば男性ホルモンの作用を抑える内分泌治療を行うと、がんによって肥大化した前立腺がある程度収縮しますので、尿道の圧迫が少なくなります。

他にも排尿しやすくする「α1ブロッカー」などの薬が処方されることもあります。

また薬物療法で対処しきれない場合は、尿道を広げる手術も検討されますし、応急処置として導尿のカテーテルを挿入する方法もあります。

いずれにしても排尿障害は放置せず、前立腺の異常も考慮に入れて受診するようにしてください。

前立腺がんのがん保険の必要性

前立腺がんは男性特有のがんですが、患者数は増加の一途を辿っており、近々1位の肺がんを超えるのではないかと言われています。

前立腺がんは重粒子線治療などの先進医療の適用がありますので、高額な治療費を貯金で準備できていない方は一度がん保険を検討する必要性が高いがんです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

同カテゴリ内ページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ