前立腺がんとは

前立腺がんとは - 前立腺癌の基礎知識

前立腺がんとは

前立腺がんのガイド

前立腺がんとはどういった病気、癌なのかについてご解説!

前立腺がんとは 前立腺がんとは、男性の前立腺にできる悪性腫瘍のことです。

ほとんどが外腺という部分から発生する「腺がん」に分類されます。

もともと日本人には少ないがんでしたが、近年は増加傾向にあります。

前立腺がんの原因と症状

  前立腺がんは欧米男性に多いがんの1つです。しかし日本でも食生活の欧米化や高齢化社会にともなって増加しており、部位別がんの罹患率では肺、胃、大腸に次ぐ4位にまで上昇しています。

また近い将来には胃がんを抜いて、3位になると予想されているほどです。

原因はまだ明らかになっていないものの、60歳以上の男性に多いことから、加齢が大きく関わると考えられます。

また脂肪分の多い食事がリスクを高めることも分かっています。さらに遺伝の要素も比較的強く、この場合は40代など若い世代でも発症することが少なくありません。

前立腺がんは、前立腺の中でも「外線」という部位に発生するものがほとんどです。多くのがんと同様、初期症状に乏しいため、早期発見をするためには定期的な検診を受ける必要があります。

前立腺がんが進行すると、腫瘍によって尿道が圧迫されるために排尿障害が見られるようになります。ただしこの時点では前立腺肥大症との区別が難しいため、PSAという血液検査や針生検などで診断をつけます。

前立腺がんは予後のいいがん

  前立腺がんの進行はそれほど速くありませんので、早期に発見できれば治癒できる可能性は十分にあります。

治療法としては手術による前立腺の全摘出が基本です。前立腺がんでは、2012年からロボット(ダヴィンチ)による手術が、国内で初めて保険適用となりました。

ただし75歳以上の高齢者の場合は、手術ではなく放射線療法を選択することもあります。また前立腺がんは男性ホルモンの作用によって増殖することから、ホルモンを抑える内分泌療法も有効です。

現在ではPSA検査の普及によって早期発見ができるようになり、また治療法も確立されてきたため、がん全体の中で見ると予後は良いがんだといえます。

5年生存率も、ステージVでも80パーセント以上とかなり高い数値です。

もちろん早期発見できればできるほど治療効果は高まりますので、50歳を過ぎたら年に1度は定期検査を受けましょう! 

前立腺がんのがん保険の必要性

前立腺がんは男性特有のがんですが、患者数は増加の一途を辿っており、近々1位の肺がんを超えるのではないかと言われています。

前立腺がんは重粒子線治療などの先進医療の適用がありますので、高額な治療費を貯金で準備できていない方は一度がん保険を検討する必要性が高いがんです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

同カテゴリ内ページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ