前立腺がんの直腸診

前立腺がんの直腸診 - 前立腺癌の検査・診断

前立腺がんの直腸診

前立腺がんのガイド

前立腺がん直腸診についてご解説!

 前立腺がんの初期検査として、古くから行われているのが直腸診です。医師が直接、肛門から指を入れて前立腺の状態を確認する検査で、痛みなどはほとんどありません。

前立腺がんの直腸診とは?

 直腸診(直腸内指診)は、PSA検査(血液検査)が普及する前から、前立腺がんのスクリーニングとして広く行われている検査です。医師が肛門から指を挿入し、直腸越しに前立腺に触れて状態を調べます。

経験豊富な医師であれば、触っただけで前立腺の異常をすぐに感知することができます。

正常な前立腺はクルミ大ほどのサイズで、表面もなめらかですが、がんにかかっていると大きくなる上に、表面が硬くデコボコとします。

こういった変化を調べることで、前立腺がんの可能性を疑うことができるのです。

ちなみに前立腺肥大症でも、前立腺は大きくなりますが、表面の状態は変わらないことが一般的です。そのため「硬くゴツゴツとしているかどうか」が、前立腺がんと前立腺肥大症を区別する目安になります。

PSA検査との併用で、前立腺がんの早期発見に役立つ

 直腸診は昔ながらの原始的な方法とはいえ、経験豊かな医師の手で受ければ、かなりの確率で異常を発見することが可能です。そのためPSA検査が普及した今でも、多くの医療機関で広く実施されています。

想像するより痛みも少なく、もっとも手軽な検査だといえます。もちろん医師は医療用の手袋をしますので、感染症などの心配もありません。

ただし直腸越しに触れるため、直腸側の前立腺の状態しか分からないというデメリットがあります。

つまりがんの発生部位によっては異常を見逃してしまう可能性もありますので、同時にPSA検査やエコー検査を行うことが一般的です。

またPSA検査であっても、一部の前立腺がんでは数値が上がらない場合があるため、両方を行うことでより確実な診断をつけることができます。

ちなみに直腸診によって前立腺に刺激を与えただけでも、PSAの数値が上がってしまうことがあります。これを防ぐために、最初にPSA検査をしてから直腸診を行う医師も多いようです。

同カテゴリ内ページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ