前立腺がんのステージ(病期)

前立腺がんのステージ(病期) - 前立腺癌の検査・診断

前立腺がんのステージ(病期)

前立腺がんのガイド

前立腺がんステージ(病期)についてご解説!

 がんの進行具合は、ステージ(病期)で表されます。前立腺がんの場合は主に「TNM分類」が広く使われていますが、他のがんと比べるとやや特殊で、がんが発見された経緯によっても分類が異なります。

前立腺がんの「TNM分類」は細分化されている

 TNM分類は、あらゆるがんにおいて国際的に用いられている病期分類です。がんの浸潤の程度を表す「T」、リンパ節転移の有無を示す「N」、そして遠隔転移の有無を示す「M」の3つを組み合わせてステージを判断します。

ただし前立腺がんの場合、「T」の分類が非常に細かい点が特徴です。通常は、がんの広がり具合によって「T1〜T4」くらいまでに分かれるのですが、前立腺がんではさらに「T1a」「T1b」のように細分化されています。

たとえば前立腺肥大症の手術などで切除した組織にがんが見つかった場合、それが5パーセント以下であれば「T1a」、5パーセント以下であれば「T1b」となります。ちなみに「T1c」は、針生検によって確認されたがんです。

また「T2」も3段階に分かれますが、いずれも前立腺に限局したがんになります。「T3」になると前立腺を越えて精嚢などに浸潤した状態、そしてもっとも進行した「T4」では膀胱や直腸など、精嚢以外の組織に広がっている場合です。

NとMについては他のがんと同様、それぞれ転移があるかないかの2種類になります。

「N0」はリンパ節転移なし、「N1」はリンパ節転移あり、「M0」は遠隔転移なし、「M1」は遠隔転移ありです。 通常「M1」があれば、ステージとしては末期と診断されます。

前立腺がんのその他の分類

 他には「ABCD分類」も日本ではよく使われています。

たとえば「ステージA」は、前立腺肥大症の手術などで偶然にがんが発見された場合、「ステージB」は前立腺内にとどまっている状態、「ステージC」は前立腺の外に広がっている場合、そして「ステージD」はリンパ節や遠隔臓器に転移している段階です。

つまり通常の検査で前立腺がんが見つかった場合は、B〜Dのいずれかになります。ただしABCDの4段階で評価するのは難しいため、現在では主にTNM分類のほうが使われています。

また他にも、がんの悪性度によって5段階に分類する「グリーソン分類」もあります。前立腺がんでは上記のような細かな要素すべてを総合的に判断した上で、治療方針を決めるのです。

前立腺がんのがん保険の必要性

前立腺がんは男性特有のがんですが、患者数は増加の一途を辿っており、近々1位の肺がんを超えるのではないかと言われています。

前立腺がんは重粒子線治療などの先進医療の適用がありますので、高額な治療費を貯金で準備できていない方は一度がん保険を検討する必要性が高いがんです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

同カテゴリ内ページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ