年齢階層別のPSAの基準値

前立腺癌の検査・診断

 前立腺がんを疑う目安となるPSAの数値ですが、その基準値は年齢によっても異なります。一般的に加齢とともにPSAの産生量は多くなりますので、年齢が上がるほど基準値も高くなります。

PSA値が〜4ng/mlを越えたら、前立腺がんの可能性を

前立腺がんのPSA検査 PSAは前立腺の細胞から産生されるタンパクの一種で、精液中に分泌されます。

受精には欠かせないタンパクですので、もともと悪者というわけではありません。

健康な人の場合、PSA値は2ng/ml以下とされています。年齢にともなって増えていくものの、最大でも4ng/ml以下が標準であり、これ以上になると前立腺に何らかの異常が疑われます。

他の臓器の疾患ではPSAの数値は上がりませんので、前立腺に特異的な物質として検査に役立てられているのです。

ちなみにPSAが4ng/ml以上10ng/mlの場合は「グレーゾーン」といわれ、陽性とは確定されないものの、より詳しい検査が必要とされます。

針生検まで行うかどうかは場合によりますが、少なくとも時間を置いて、再度PSA検査を受けることが一般的です。

一方、10ng/mlを越えると陽性となり、半数の人に前立腺がんが見つかるとのデータもあります。

ちなみに20ng/mlを越えると前立腺がんの確率は80パーセント以上となり、既にリンパ節などに転移している可能性も出てきます。

年齢によるPSAの基準値

 PSAの数値は加齢とともに上昇します。一般的に50〜64歳までは3ng/ml以下、65〜69歳までは3.5ng/ml以下、そして70歳以上では4ng/ml以下が正常な値です。

ですから自分の年齢の数値を上回った場合は、医師の指示にしたがってより詳しい検査を受けたり、再度PSA検査を受けたりする必要があります。

もっとも、PSAの数値は外部からの刺激などでも上がることがありますので、1度の結果だけで落ち込まず、経過観察をすることが大切です。

次の検査で正常値に戻っているケースもありますし、原因が前立腺肥大症や前立腺炎の場合も多いものです。

前立腺がんは進行の比較的遅いがんですので、症状のない限りは1分1秒を争うようなことはありません。

また基準値を下回っていた人も、油断せずに翌年からまた検査を受けましょう。特に指示されない限り、年に1度のPSA検査を受ければ、高確率で前立腺がんを早期発見できます。

同カテゴリ内ページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ