前立腺がんの検査・診断方法

前立腺がんの検査・診断方法 - 前立腺癌の検査・診断

前立腺がんの検査・診断方法

前立腺がんのガイド

前立腺がん検査・診断方法についてご解説!

 前立腺がんの検査は複数ありますが、特にPSAという腫瘍マーカーが早期発見に大きく役立てられています。また他の病気との区別が難しい場合などは、針生検が行われることもあります。

前立腺がんのスクリーニング検査

検査 前立腺がんの検査として古くから行われているものに、直腸診があります。

医師が肛門に指を入れ、前立腺の状態を直接調べる検査で、現在も初期検査として広く実施されています。

がんにかかっている場合、前立腺は全体的に硬くなり、また表面がでこぼこになります。ただし直腸診だけで早期発見に結びつけるのは難しいため、続けてPSA検査を行うことが一般的です。

PSAとは前立腺から分泌されるタンパク質の一種ですが、前立腺がんにかかると血中濃度が高くなるという性質を持ちます。そこで、血液検査でその数値を調べるのがPSA検査です。

前立腺がんのスクリーニングとしてはかなり有効性が高く、この検査のおかげで前立腺がんを早期発見できるようになりました。

ただし前立腺肥大症などの他の病気でも数値が上がる場合があるほか、ごく初期の前立腺がんでは反応しないケースもあります。

そのため必要に応じて他の検査も実施するか、一定期間を空けてから再度PSA検査を行います。

前立腺がんの画像検査と針生検

 前立腺がんの画像検査としては、超音波(エコー)検査が代表的です。

前立腺の場合、体の表面からではなく、肛門から器具を入れ、直腸を通してエコーを当てます。前立腺の大きさや形を確認することが可能です。

ただし患者さんにとってはやや体に苦痛を感じる検査ですので、麻酔をしてから行うこともあります。

他にはMRI検査もあります。強い磁気によって体の断層画像を得られる検査で、前立腺がんの有無はもちろん、広がり具合も確認できます。

これらの画像検査と同時に、針生検が行われることもあります。がんが疑わしい組織の一部を針で採取し、それを病理検査にかけることで診断をつけるものです。

局所麻酔のほか、医療機関によっては全身麻酔をかけて行うこともあります。

また前立腺がんと診断を受けた後は、骨シンチグラフィーという検査も行われます。前立腺がんは骨転移しやすいため、近くの骨に転移していないかどうかを調べる必要があるのです。

前立腺がんのがん保険の必要性

前立腺がんは男性特有のがんですが、患者数は増加の一途を辿っており、近々1位の肺がんを超えるのではないかと言われています。

前立腺がんは重粒子線治療などの先進医療の適用がありますので、高額な治療費を貯金で準備できていない方は一度がん保険を検討する必要性が高いがんです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

同カテゴリ内ページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ