前立腺がんの針生検

前立腺がんの針生検 - 前立腺癌の検査・診断

前立腺がんの針生検

前立腺がんのガイド

前立腺がん針生検についてご解説!

 前立腺がんの診断としては、針生検がもっとも確実です。外から針を刺して組織の一部を採取し、悪性かどうかを調べる検査で、初期検査で異常が疑われた場合に行われます。

前立腺がんの針生検〜「経直腸式」と「経会陰式」

前立腺がんの針生検 前立腺がんの診断をつけるためには、最終的に針生検がもっとも確実です。

その前にPSA検査や直腸診、エコー検査などを受けた上で、前立腺がんの可能性を排除できない場合に行われます。

方法としては「経直腸式」と「経会陰式」の2つがあります。

経直腸式では、肛門から針を挿入し、直腸を通して組織を採取します。 一方、「経会陰式」では肛門からではなく、陰嚢と肛門の間の皮膚を通して針を入れます。どちらも通常は10か所以上から組織を採取します。

日本では「経直腸式」を行うことが多いのですが、一部、採取できない部分があるため、がんが疑われる部位によっては「経会陰式」が選択されることもあります。

どちらの方法も検査時間は30分ほどで、麻酔を使用するため痛みはありません。また針生検の前に、直腸診や経腸エコー検査を行い、前立腺の様子を確認します。組織を採取する時も、エコーの画面を確認しながら行います。

採取した組織は病理検査にかけられ、悪性かどうかの判断が下されます。

前立腺がんの針生検で起こり得る合併症など

 針生検は、麻酔を使うため1泊2日ほどの入院を指示される場合がほとんどです。ただし一部では、日帰りができる病院もあります。

針生検では、検査後にいくつかの注意事項があります。もっとも注意したいのは傷口からの感染症ですので、抗生物質が投与されます。場合によっては炎症を起こして発熱するケースもあります。

入院する場合、基本的にベッドの上で安静に過ごし、その日の食事や排泄は制限されることが一般的です。

また針を刺すことで出血するため、止血の措置をとりますが、出血が長引く場合は入院日数が延びる場合もあります。

その他、尿や精液に血が混じることがあるほか、尿の出が悪くなる人もいます。医師の指示にしたがい、しばらくの間は無理をしないように過ごすことが大切です。

針生検で前立腺がんの診断がついた後は、骨シンチグラフィやMRI検査などで転移の状況を調べ、治療方針を決めることになります。

前立腺がんのがん保険の必要性

前立腺がんは男性特有のがんですが、患者数は増加の一途を辿っており、近々1位の肺がんを超えるのではないかと言われています。

前立腺がんは重粒子線治療などの先進医療の適用がありますので、高額な治療費を貯金で準備できていない方は一度がん保険を検討する必要性が高いがんです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

同カテゴリ内ページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ